本文へ移動

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

【コンクリート構造物の長寿命化対策 講習会】

2014-08-23
一般社団法人日本建設保全協会の主催による技術講習会を開催いたしました。
当日は、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。
講習会には官公庁様、建設コンサルタント様および建設会社様を含めて86名の方々に参加していただきました。
鳥取事務局として初めての講習会開催で不慣れなこともあり、反省することも多々ありました。
また、いただいたアンケートの対応につきましては協会からの回答が届き次第に参加者の皆さまのお手元にお送りさせていただきます。
本当にありがとうございました。

剥落防止対策工法(クリア工法:透明)

2014-05-25
某メーカーの剥落防止材の商品説明会に参加しました。
最近は下地が見える材料ないかとよく聞かれていました、下地が見える透明の材料でした。
この商品は、抗張力部材としてガラスクロス・ビニロンメッシュ等の繊維シートを用いない工法なので下地が良く見えました。
剥落防止対策で求められている押し抜き試験の結果も満足されており、その他、付着強度、ひび割れ抵抗性、塩化物イオン透過性等の「性能規定」も満足しておりました。
表面被覆工法を兼ねることができる剥落防止対策工法として、近々、商品が販売されるので皆様にご案内していきたいと思います。
 
写真:左側がツヤあり、右側がツヤ消し

鋼床版タイプ(スーパーガイトップジョイントK型)

2014-05-19
伸縮装置補修工で鋼床版タイプの伸縮装置の取り換え工の施工させていただきました。
スタッド溶接で固定されたボルトにフィラープレートをはめて、その上から伸縮装置を取付けました。
橋台側は、従来通りでアンカーで固定して、超速硬コンクリートを打設しました。
事前調査で、舗装厚さを確認してフィラープレートの厚さを決定して製作していたので速やかに施工ができました。

スタッド溶接

2014-05-19
伸縮装置補修工で鋼床版用の伸縮装置を固定するため、スタッド溶接でボルトを取付けました。
本施工前に試験施工をして、30度曲げても破断しないことを確認しました。
従来の工法(孔明してボルトの取付け)より時間も短縮でき、その日のうちに取付け作業も完了しました。

支承取替工

2014-05-18
鳥取県内で支承の取り替えの施工をさせていただきました。
ブラケットを作成する前に、アンカーを定着させて採寸して発注しました。
アンカーにブラケットを取付け、ジャッキで桁を持ち上げて既存の支承を撤去しました。
橋座と桁下のクリアランスが、製品高に10mm程度しか確保できなかったので手間取りましたが無事に終わりました。 
株式会社サンクリエイト
本社
〒680-0921
鳥取県鳥取市古海260-26
TEL:0857-30-5200
FAX:0857-30-5201
沖縄本店
〒901-1104
沖縄県島尻郡南風原町宮平308
TEL:098-996-5371
FAX:098-996-5372

・コンクリート構造物の補修・補強
・鋼構造物の補修・補強
・ウォータージェット工事
・防水・塗装・防食工事
・橋梁点検業務・ストック点検業務
・管更生工事

0
3
8
5
2
5
TOPへ戻る