本文へ移動

事業案内

当社では官公庁様、民間事業者様問わず補修および補強工事をお引受けいたします。社会インフラの調査、補修および補強に関する相談および工事を通して、地域に根付いた活動で社会貢献に努めています。

コンクリート構造物の補修・補強

コンクリート構造物調査
コンクリートのひび割れ補修、断面修復、表面被覆、表面含浸、剥落防止などの補修を始め、炭素繊維シートによる補強工事を行います。
橋脚ではPCM吹付(PP工法)や鋼板巻き立ての他、WJ工法による下地処理と削孔とアンカーの定着、床版では下面増厚(スーパーホゼン式工法)と炭素繊維と鋼板による補強工事も行います。
橋梁では伸縮装置、落橋防止装置、変位制限装置、高欄取替、PC緊張工なども行います。
 

鋼構造物の補修・補強

補修・補強工事
鋼構造物(鋼橋)はの損傷原因として、錆が集中的に発生して板厚減少が生じる腐食、鋼材疲労による亀裂や破断、ボルトやリベットのゆるみや破断があります。
その対策工として、当て板補修、部材取替、高力ボルト取替および部材補強などを行います。最近では炭素繊維強化プラスチック板による補強も行われています。
橋梁では、支承取替、伸縮装置、落橋防止装置、変位制限装置、床板補強、検査路および高欄取替なども行っています。
その他では、樋門や水門などの取替工事なども行います。

ウォータージェット工事

補修・補強工事
ウォータージェット(water jet)とは高圧力まで加圧された水を先端に設置した微細なノズル(オリフィス)から吐出し得られる細い水流のことで圧力は200~300MPa(2000~3000kgf/cm2) になります。 ※当社所有機は245MPa
コンクリート構造物の健全部(残存部)や配筋された鉄筋を痛めることなく、コンクリートの脆弱分を除去可能で、無振動なので残存躯体へのクラックを誘発させることがなく補修後の再劣化を最小限に抑える効果があります。

防水・塗装・防食工事

防水・塗装工事
橋梁および樋門等の鋼構造物において、高い耐久性が得られるブラスト処理による素地調整、塗膜除去剤による塗膜剥離作業からケレン作業まで幅広く行います。
3種ケレンでも溶射が可能な常温金属溶射(MS工法)で溶射も行います。(支承防錆などの狭隘部でも対応可能です)
建築物の屋上防水工事(シート系・塗膜系)から外壁の塗装工事まで行います。
貯水槽などのライニングによる防食工事も行います。

橋梁点検業務・道路ストック点検業務

鳥取県内全域で、橋梁点検業務および道路ストック点検業務を行っています。
橋梁点検業務では、コンクリート橋から鋼橋の定期点検から設計業務の変状調査および工事用の事前調査まで行います。
塗装成分分析試験、鉄筋探査、コア採取、中性化試験等も行っています。
道路ストック点検では、法面の打音検査、付属物点検(標識、防護柵および照明等)および高所作業車・橋梁点検車の操作まで行います。

電解水衛生環境システムの販売

 
目には見えなくも、私たちが暮らす日常空間には様々な細菌が潜んでいます。
その対策として、塩と水で電気分解し生成する『電解水』について着目しました。
アルカリ性電解水で「洗浄力」と酸性電解水で「殺菌力」に分けられます。その両方の「力」を有効に利用できる電解水衛生環境システム『守る水』と容易に手洗いにより除菌ができる除菌電解水給水器『@除菌 手・洗う』を販売しています。
安全な除菌として、最近では「次亜塩素酸水」とも言われています。

許可一覧

建設業許可

許可番号  鳥取県知事許可(般-27)第6740号

加入団体

・コンクリートメンテナンス協会
・日本MMジョイント協会
・日本建設保全協会
・日本リバコン協会
・発泡ウレタン空洞注入協会
・PCM工法協会
・リペア会
・レジテクト工業会

▼お気軽にお問い合わせください

株式会社サンクリエイト
〒680-0921
鳥取県鳥取市古海260-26
TEL:0857-30-5200
FAX:0857-30-5201

・コンクリート構造物の補修・補強
・鋼構造物の補修・補強
・ウォータージェット工事
・防水・塗装・防食工事
・橋梁点検業務・ストック点検業務
・電解水衛生環境システムの販売

0
2
5
5
8
4
TOPへ戻る